kobitoの子育て日記

子育て×英語×絵本

LINDBERGH

Lindbergh: The Tale of a Flying Mouse

天才ネズミがドイツからアメリカまでの空を飛んで横断するお話

最初はコウモリを参考に羽ばたく仕組みで失敗…
次は蒸気を動力に変更するが重すぎて失敗…
最後に飛行機の型に設計し直して成功!
という流れで失敗の繰り返して最後成功が得られることが
伝わってきます

「失敗してもいい」「やり直したらいい」
は最近意識して言うようにしている言葉で
失敗を恐れずにチャレンジ精神を持つ
子供に育ってもらいたいと思うところです

今まで一緒に読んだ絵本の中では最長なものだったので
3才ではかなり辛かったと思いますが
空を飛ぶストーリーがいいのか諦めずに最後まで聞いてくれました

Title    LINDBERGH
Author   Torben Kuhlmann
page     96 page
word     64.6 words/page
広告を非表示にする