kobitoの子育て日記

子育て×英語×絵本

英語

Toy Story (Penguin Kids Disney : Level 2 )

Pearson Kids Readers Level 2から Disney 「Toy Story」をchoiceしてみました Level 2なので単語はLevel 1から倍くらいになってますね 3歳のわが子にはLevel 1でもう少し数当たって 自分で読む修練を積ませる方がいいかも 映画はまだ見せたことがありません…

Tico and the Golden Wings

40年前のLeo Lionniの絵本ですが 現在に通じるものがありますね We are all different Each for his own memories, and his own invisible golden dreams 他人と違う事、それも外見という意味ではなく 内に秘めた志が違う事が大事ということかと 何かを持っ…

Sly Fox and Red Hen (Read it yourself Level 2)

全く見聞きしたことのない物語でした Foxに捕まえられてしまうRed Hen ただFoxは食べる前に一旦寝てしまい Red Henに逃げられすり替えられた石を鍋に入れて 跳ねたお湯で火傷をしてしまうストーリー 寝ている間にしてやられてしまう 「赤ずきん」に通じると…

The Little Prince

自分は読んだことがありませんでしたが 名作と言われている「星の王子さま」の英語版です 正直なところ何がいいのかよく理解できませんでした… 名作と言われている本であるために 抱いていた期待が大きすぎたのかもしれませんが 英語の一文一文はそんなに難…

CHOO CHOO

いつも客車を引っ張ることに飽きてしまったCHOO CHOOが 一人でもっと速く走れると暴走機関車となり 最終的に迷子になって帰れなくなってしまうお話です 逃げ出したことを最後には後悔し もう逃げないと誓うCHOO CHOO 失敗から学べることは大いにあるはずなの…

The Very Lonely Firefly

Eric Carleのfirefly(ホタル)についての絵本です 仲間を探すfireflyが闇夜に光るいろんなものに近づいていくが 違う光るものばかりでなかなか仲間には会えないという ストーリーです 最後のページが"仕掛け"になっていて めくるとピカピカ光るところがまたい…

Little Owl Lost

迷子のお話 わが子たちはまだ迷子となるまでには至ってませんが 上の子、下の子両方とも歩けるようになり それぞれ自由に行動し始めているので、 そろそろ危なそうな予感がしています 先日もBBQにてトイレに行っている間に 上の子が一時見当たらなくなる未遂…

The Giving Tree

村上春樹さんが翻訳した絵本がなぜか家にあったので 原本もトライしてみました 場面場面で何が起こっているのかは伝わるとしても 物語全体としての理解は子供には難しい絵本のように思われます 持っているもの全てを与えてくれる木と いろいろ失ってしまい人…

Winnie the Pooh (Penguin Kids Disney: Level 1)

Disneyの「Winnie the Pooh」です Winnie the Pooh自体はキャラクターは知ってますが アニメは見たことがないはずですが やはりDisneyキャラクターは子供にうけがいいようで 最近はこの本ばかりです (Disney Landで見たのを覚えてるのかな?) 最後にクイズが…

Matthew's Dream

久々のLeo Lionni やっぱ芸術家ですね どんな夢の話になるかと思っていたら painterになるというstoryでした 自分には音楽・絵画にあまり興味がないので敬遠しがちですが 何に興味を持つかわからない子供の夢を狭めないためには やはりいろいろなところに連…

Goodnight Everyone

mouse、hare (= rabbit)、deer、bearのbedtime storyです 「まだ眠くない」というlittle bearが誰とも遊んでもらえず 結局眠くなるというstoryです 2、3歳ぐらい向けにはちょうど良さそうな感じですが Oh No, George!やShh! We Have a Planと比べると 想像力…

Mommy Loves

すべてのページが「mommy loves babies」の流れなので 特に面白みがあるわけではないですが いろんな動物が出てくるので まだしゃべれませんが、そろそろ本を読んでもらうことに 慣れさせようと思っている1歳の下の子向けに なかなか良さそうな絵本です Momm…

プレキソ英語

えいごであそぼと違いこちらの幼児向け英語番組は英語onlyなのがいいですね 前はAhhとZeeというキャラクターがいろんな国に行って インタビューしたりする中で英語を学ぶ番組でした 今は(再放送ですが)Sushitownというアニメになっていて 寿司ネタキャラが英…

The Rainbow Fish

通常盤のRainbow Fishです 前に見たBoard BookのRainbow Fishと比較してみました 予想できる通りですが ページ数と各ページの単語量が多いです そして内容的にも根幹は同じで 1人でいてもHappyにならない、 友達と仲良くなるにはshareすることが大切 がテー…

Maisy, Charley, and the Wobbly Tooth

歯医者さんに行くのお話です 歯医者さん絡みの単語が揃っていてなかなかいい感じの絵本だと思います わが子は歯磨きが嫌いで毎晩どうやって歯磨きさせるかの奮闘があります 一番効いたのは「虫歯がある」と言ってしまうことで さすがにやばいと思ったのかし…

Shh! We Have a Plan

英語が少なめな分、補足してあげないと ちょっとわが子には伝わりにくいお話でした 単語量だけでいうと1、2歳向けかと思われますが 想像力が必要となるため、3歳くらいでないと 理解できないかもです 鳥を捕まえようとする次のシーンを想像するのは 楽しかっ…

Blankie

このシリーズにしては文章長め・単語量多めでした 毛布と常に一緒にいるというのは わが子たちにはない特性ですね 夏は全く何もかけずに寝てますし (かけても朝にはなのもかかってないので諦めました) 冬でも気がつくと何もかかってないことが多く 頻繁に風…

Oxford Picture Dictionary

Picture Dictionaryが英語を学ぶ上でいいということで チェックしてみました こちらは日本語と英語両方が記載されているもので これ何と説明を求められた時に聞かれた際に 自分の中でいちいち英語→日本語の変換をするために 調べなくて済むところがいいです…

the Gingerbread Man (Read it yourself : Level2)

このお話も初めて読むものでした Happy Endでは終わらないものの 「待て」と言われると逃げてしまい 「助けてあげる」と言われると言われた通りに近づいてしまう 人間の心理が盛り込まれた良い教訓となるお話ですね 騙されないようにいい話には気をつけろ と…

Milo and the Magical Stones

Rainbow FishのMarcus Pfisterさんの絵本です 光る石(glowing stone)を見つけたMiloとその仲間たちのお話で 途中から上下にHappy EndingとSad Endingに別れ 2パターンのstoryを楽しめる構成になっています Happy Endingでは ネズミたちそれぞれが光る石を島…

Oh No, George!

留守中いい子でいるように言われたGeorgeですが いたずら好きゆえに思うがままにいろいろやってしまうものの その後反省・後悔して行動を見直すようになる ストーリーです ちょうどいたずらやりたい盛りのわが子2人には ぜひ見習っていただきたいお話です (…

Daddy Cuddles

cuddle = 体をすり寄せる 、抱きしめる という意味だそうです 知らなかった… 一部子供の方から親にすり寄っている絵があるように 思いましたがまぁそこは気にしない 短文の同じテンポが続く本なので今1才の下の子に ちょうどいい感じの絵本でした Title Dadd…

えいごであそぼ

わが家では上の子が生まれてから見るようになった番組なので Eric & Kikoの時しか知りませんが 幼児向け英語のTV番組として重宝していました ところが2017年3月をもち28年の歴史を持って終了… Oh, My God ! 4月からは「えいごであそぼwith Orton」にリニュー…

Sleeping Beauty (Read it yourself : Level 2)

「眠れる森の美女」として有名な童話の英語版です これまた自分は読み聞かせられた覚えのない童話でした あまり馴染みのなかった英語はprick/thornくらいで わが子も難なく聞いておりました Read it yourselfシリーズは文章が短くなっている分 知らないお話…

The Tale of Peter Rabbit

Peter Rabbitのお話です 親である自分にとってPeter Rabbit というキャラクターは知っていましたが 本として読み内容を知ったのは初めてでした そして内容は 可愛らしいキャラクターからすると もっとおっとりとしたストーリーを期待してしまっていたので 人…

ANIMALS ANIMALS

久々にEric Carleです 74の動物が登場する相当なボリュームの絵本でした 特にストーリー性があるわけではないので どのページから読んでも問題ないと思います わが子には読み聞かせというよりかは 図鑑的な位置付けで気になった動物を探すのが 向いていそう…

Potty

トイレのお話です わが家ではおまるは導入せず補助便座使ってトレーニングしました 今は無事オムツ外れた状態に到達してますが 半年超に渡る戦いはなかなか大変のものでした 保育園で毎日3、4枚のトレーニングパンツとズボンが濡れた状態で 返ってきて毎晩洗…

Beauty and the Beast (Read it yourself : Level 2)

「美女と野獣」で知られている童話です ディズニー映画にもなっていて、最近は実写化もされた 有名なお話のはずですが 自分にとってはまだ読んだことも、見たこともないお話でした Read it yourlselfでは 特に難しい単語もなくスムーズに読めるよう 短くまと…

YOKO

こちらも保育園で読み聞かせてると聞き入手してみました 寿司がテーマの絵本です われわれ日本人にとっては日々食べているものなので 何の違和感もない食べ物ですが 外国の方からすると海藻や生魚は馴染みがなく 偏った目線を持っているのだと思い知らされる…

Geraldine, The Music Mouse

音楽にあまり興味がないせいか 残念ながら自分にはあまり響いてきませんでした わが子も途中で断念… ただチーズに空いた穴と風で音楽が奏でられる という発想はさすがだなと感心させられました Title Geraldine, The Music Mouse Author Leo Lionni page 32 …