kobitoの子育て日記

子育て×英語×絵本

The Lamb and the Butterfly

Eric CarleとArnold Sundgaard(有名な 脚本家だそうです)の合作
のようです

Brown Bear, Brown Bear What Do You See ?もですが
Eric Carleは合作で作っている絵本が結構あるようですね

こちらはページ数は少なめなものの
1 pageあたりの単語量は多く
単語も難しめでした

そして中身も難しめ
群れ・親に依存しているLambが独立して生きているButterflyと出会い
質問することでお互いの違いを理解しあうstoryです とても大事な内容だと思いますが
小さい子にもついていけるようにもう少しコンパクトに
まとまっているとありがたいといですね

Title    The Lamb and the Butterfly
Author   Eric Carle
page     24 page
word     71.8 words/page

Lost and Found

うちのマンションのライブラリーに入っている
数少ない英語の絵本です
なかなか手が出せずにいましたが
ようやく最後まで聞いていられるようになりました

ペンギンは迷子だったのではなく
友達が欲しかったというところがポイントです
自分があまり友達作るのが上手ではなかっただけに
わが子がうまく友達作りできるか心配なところがありますが
友達になってもらう受け身な姿勢ではなく
この絵本のように自分から寂しそうな子に友達になる
積極的な子になってもらいたいところです

単語数は多めの絵本ですがそれを感じさせないくらい
シーン・表情ごとに絵がちゃんと分けられています
最近ようやく気づいたことですが
このあたりは絵本の構成がきちんとできてるかの現れですね

Title    Peter Pan
Author   Oliver Jeffers
page     32 page
word     31.5 words/page
広告を非表示にする

Too Many Dogs (Step into Reading : Level 1)

Step Into Readingから「Too Many Dogs」

いろんな犬が集まってせっかく用意したLunchを
ぐちゃぐちゃにしてしまうというstory
正直な感想としてはちょっと汚らしい感じですね…

sentenceは出てこない絵本なので
2歳くらいにちょうどいいかと思います

Big dog、Bigger dog、Biggest dogから始まり 比較級、最上級が出てきて文法の勉強になりそうと
子供に英語に触れさせる上で文法は意識してはいけないはずなのに
そう思いたくなってしまうのは
日本英語教育が染み付いてしまっているからだろうな と残念に思ってしまうところです…

Title    Too Many Dogs
Author   -
page     32 page
word     4.2 words/page

Peter Pan (Penguin Kids Disney : Level 1)

Pearson Kids Readers Level 1から「Peter Pan

これくらいのLevelの絵本だと
最近は一緒に声に出して読んでくれるので
ちょっとは進歩したなぁ
と(頑張ってきた自分と)ついてきてくれるわが子を
少し褒めたいところ

ただこの絵本はちょっと短すぎですね
Never Landについたところで終了…
Toy StoryもでしたがPenguin Kidsには続編がなく
絵本からStory全部がわからないので
ちょっともやもやしてしまうのが残念

Title    Peter Pan
Author   -
page     16 page
word     28.2 words/page

If You Give a Mouse a Cookie

ネズミにクッキーをあげようとしたら
ミルク、ストロー‥と次々とリクエストされてしまう
というstory

子供受けのいい絵本と聞いていましたが
ちょっとわが子にとっては無反応という感じでした
読み聞かせレベルがまだまだなので
イマイチ伝わらなかったのかもです??

ちょっと勉強になったのは
セロテープはscotch tapeというらしいこと
そもそもセロテープは商品名であることは知ってましたが
一般名称は知らなかったのでためになりました

Title    If You Give a Mouse a Cookie
Author   Laura Numeroff/Felicia Bond
page     32 page
word     19.4 words/page

MADELINE

Madeline(英語ではマデリン、フランス語ではマドレーヌと読む?)
タイトルからちょっと読めない始まりでしたが
中身はそれほどは難しくないお話でした appendix(盲腸)を除いては

わが子たちは幸いにもまだ大きな病気にはかかってませんが
本人の訴えから病気を察知して
ちゃんと適切に病院に連れ行くことができるかは
心配なところです 普段は何かあっても寝れば治ると言い切ってしまいがちで
ホントにやばい時にもそうしてしまいそうなので
本当に病気の可能性があることも
少しは頭の片隅に入れて置かないとダメですね

Title    MADELINE
Author   Belmelmans
page     56 page
word     18.7 words/page
広告を非表示にする

Jack and the Beanstalk (Read It Yourself : Level 3)

ジャックと豆の木のお話です

なんとなくしか覚えてませんでしたが
改めて読んでみると
空の上の巨人がかわいそうなstoryですね… 大切なものは盗られ、追いかけると
豆の木を切られて落ちてしまうという
踏んだり蹴ったり状態

英語分量はだいぶ多い内容でしたが
面白かったようでじっと聞いててくれる絵本でした

Title    Jack and the Beanstalk
Author   -
page     46 page
word     27.3 words/page